2018-12-06

コロンビア共和国のつづりは?It’s Colombia not Columbia!!

ColumbiaじゃなくてColombia?!

Gratbrown Roast and Bake

Gratbrown Roast and Bake Instagram

大好きなご近所カフェGratbrownの伊田さんから、コロンビア(コーヒー)のスペルを尋ねられました。

Columbiaだよね?て思った方。4文字め、uじゃなくてoなんですよColombia。
てっきりuだと思ってました、はずかし!

uで綴るのはワシントンDCのDC(District of Columbia)や、アウトドアブランドのColumbia、アイビーリーグのColumbia Universityなど。

つまりアメリカでコロンビアというとColumbia、コロンビアでコロンビアっていうとColombiaです。

紛らわしいけど固有名詞なので、大事に綴ってあげたいところです。

原因はクリフトファー・コロンブス!

語源のクリフトファー・コロンブスの名前の綴りが言語によって違うのが原因のようです。

クリフトファー・コロンブスさん、お名前がこんなことになっておりましてですね・・・。

言語ストーカーとしては「じゃあ何で5文字めはNじゃなくてMなんだスペイン語圏のコロンビアさんよ」と言いがかりをつけそうになるので・・・

結びにマイアミ・ヘラルド(フロリダのローカル紙)の記事から、ボゴタ(コロンビア)のJaveriana大学、Alejandro Giraldoさんのコメントを。

Colombia as a country is suffering from low self-esteem and it’s paying far too much attention to what other countries say about it

(自己評価の低さに悩むコロンビアは、他国が自分のことを何て言うか気になっちゃって仕方ない)

って、気づいたらレジ横でココ↑↑まで調べてしまい、あわててコーヒー豆をもらって部屋まで戻ったら… おまけつけてもらってたぁぁぁ❤️

お礼を言いそびれたので皆さん、レッスンにお越しの際にはGratbrownでひと休みしていってくださいね〜。

関連記事

    関連記事はありません

error: Content is protected !!